時間はたっぷり!電車での過ごし方はこのように

電車に乗っているときの過ごし方

電車を使って長旅をするときに直面するのが時間の長さであり、特に各駅停車を使う場合に該当します。当然ながらこのような列車を使う場合には、車内で長時間過ごすことができる方法を身に付けておくのがよいでしょう。それでは電車の中で過ごすときには、どのような方法を身に付ければよいのでしょうか。ここでは電車の中で過ごす方法とそれを満たすための要件に関して伝えていきましょう。車内の中でできることとして読書を挙げることができ、それには次のような条件が成立しています。持ち運びをすることが簡単であり、なおかつその場で実行できる点です。また、必要に応じて中断できてなおかつ再開することができることもポイントに含まれます。

要件を満たす存在は他にもある

車内では読書によって時間を過ごす方法があり、それ以外にも要件を満たすものは存在しています。それは日記を付けることで、どうしてそれが要件を満たすのか確認していきましょう。日記もまた持ち運びをすることが容易であり、すぐに取りかかることが可能となります。また、いつでも途中で中断することができる上に再開も可能という利点を兼ね備えています。読書及び日記は、電車の中で過ごすときの手段として利用することが可能です。この方法を知っておくことで、各駅停車に長時間乗車することになっても対応できるようになります。このとき、本と日記帳の数量に関しては旅行期間に応じてなおかつ移動や荷物量を考慮して揃えるのが良いでしょう。

観光協会

お小遣いで日帰りもあり!?激安台湾ツアーでリフレッシュしよう

安く遊ぶことができる!

自分のお小遣いの範囲で、気軽な気持ちで遊びに行くことのできる旅行が流行っていますよね。アジアの近場のエリアなら安くてすぐに行くことができるという条件を満たしています。今人気が急上昇しているのは、台湾へ行く激安ツアーです。旅行会社によって細かい条件は違っているものの、ある程度の傾向は決まっています。期間は二泊三日で、台北の観光名所やレストランを中心に巡っていくというもの。昔からアジアツアーは料金が安めだったのですが、最近は価格競争が激化しているので、台湾ツアーなら一万円を割り込むのも珍しくはなくなっているんですよ。これなら社会人になりたての人や、大学生でも余裕で旅行代を捻出することができますよね。

激安ツアーのメリット!

個人旅行で有名どころの観光スポットを一通り行こうとすると、よほど交通アクセスや現地の情報に詳しくないと効率よく回ることはできませんが、ツアーならとりあえず押さえておきたいところを効率よく行くことができるように日程が組まれています。何度も旅行に来たことのあるディープな台湾ファンの人は台北以外の都市に行くツアーの方がいいかもしれませんが、初心者にはこれで十分すぎるほどです。金曜日の夜から始まるツアーの場合は、一週間の仕事を無事に勤め上げた帰りにそのまま現地に行き、週末の休日を海外で過ごしてリフレッシュするというアクティブな過ごし方をすることも可能です。日曜の夜に帰ってくれば、月曜日からの仕事にも間に合うので社会人向けでもあります。

観光

限られた時間でも満喫できる!日帰り旅行を楽しむコツを知ろう!

充実した日帰り旅行は、事前の計画が肝!

泊まりと違い、日帰り旅行となるとゆっくりできる時間が限られてしまいます。そんな日帰りの旅を思う存分満喫するには、時間ロスのないように事前の計画が重要と言えるでしょう。まず行きたいスポットや立ち寄る飲食店などを決めて地図上に印を付けて、ルートを決めましょう。そうすることでどこへ行こうか現地で悩むこともなく、道に迷う時間ロスも減らせます。目的地までの最短ルートを調べておけば、移動時間が少なくて済みますよね。またテーマパークなどは営業時間をきちんと確認し、路線バスを利用する際はバスの時刻も調べておくと安心です。混みそうな飲食店は、予約をするのも忘れずに!近年はインターネットでも簡単に観光地情報を得ることができるので、楽しみながら下調べをしておきましょう。

夜行バスを利用する手もアリ!

日帰り旅行を考えた際に、現地でできるだけ長い時間を過ごしたいのであれば、前日の夜から夜行バスで目的地に向かうのもひとつの方法です。夜行バスであれば、車内で眠り朝になれば目的地周辺に到着できるので、朝から現地で観光やレジャーを楽しめますよね。例えばスキーやスノボーに行くにしても、朝にゲレンデに着いてめいいっぱい滑って帰りはゆっくりまたバスで帰るスタイルであれば、まる一日現地で過ごせるでしょう。歴史的な観光地をじっくり歩いて見て回りたい場合なども、夜行バスを活用するのはおすすめの方法です。さらに夜行バスは宿代もかからず、旅費節約にもなりますね。浮いたお金で、現地で美味しい物を食べたりお土産を買ったりしましょう。

旅行写真

休みをエンジョイ!社会人におすすめの旅行先2選

体力自慢におすすめ山旅行

学生時代にはスポーツクラブやサークルで体を動かしていたという人の多くは、社会人になると体を動かすことも少なくなってしまって鬱屈が溜まってしまいますよね。そんな人が貴重な休みをエンジョイするには旅行先は山がぴったりです。山旅行は夏であればキャンプが定番ですが、一人旅行の場合には、山登りなどに挑戦してみても楽しいですよ。仲間を誘って山旅行に出かける場合には、バーベキューや花火などを行えば皆でワイワイと楽しみながら夏の思い出を作ることが出来ます。綺麗な川がある山であれば、魚釣りや川遊びをすると涼しさを感じながら十分に山を楽しめますが、川はちょっとした油断で事故が発生してしまう危険があるため注意が必要です。

お疲れの人におすすめの温泉旅行

仕事や家事に疲れてしまっている人は温泉にでも浸かってゆっくりしたいと思いがちですよね。日本全国には様々な場所に温泉地があり、観光地として人気がある場所も多いですが、心身共にゆっくりとしたい場合には、自分の性質にあった温泉地を選ぶ必要があります。とにかくストレスを感じずに一人でゆっくりとしたい場合には、観光地として栄えている温泉地よりも、秘湯のような寂れ気味の静かな温泉地がおすすめです。寂れ気味の温泉地は、目的地に辿り着くまでが大変な場合もあるため、事前の調査をしっかりとしておく必要があります。とにかく身体を休めたい場合には、温泉地として栄えている場所にある旅館やホテルに宿泊した方がサービスが行き届いており、ゆっくりと身体を休めることが出来ます。

ホームエクスチェンジ

富良野への旅行で、絶対に行くべき観光地3つ!

ラベンダーが美しい富田ファーム

富良野旅行をしようと思った際、どこに行くべきか迷ってしまいますよね。きちんと行く所を決めておかないと、すべてが魅力的に見えてしまい、結局絞り切れずへとへとになるまで動き回ってしまうことになりかねません。一つ目の絶対に行くべき観光地として「富田ファーム」があります。美しい紫に染まるラベンダーの花畑も美しいですし、ラベンダーを使った商品も同じ敷地内のショップにありますので、お土産にも困りません。入浴剤やソープ、ラベンダーオイルやポプリなど、どれにしようか迷ってしまうくらいの商品が並んでいます。北海道ならではの食材を使ったカフェもありますので、広大な花畑を歩き回って疲れた際には、そこでゆっくりと休憩をするのも良いですね。

定番の富良野ワイン工場

富良野と言えば、富良野ワインが有名ですね。美しいぶどう畑が広がっている丘の上に、レンガ造りの大きな建物が建っている様子は、まさにおとぎの国のような雰囲気です。地下に入れば、かびくさい香りと共に、樽で熟成されている途中のワインを見学することも可能です。2階に上がれば明るく開放的な空間が広がっており、富良野の街や白い雪を頂いた山々を眺めることが出来ます。そこでは、富良野ワインやジュースを購入することも可能ですし、いくつかの種類のワインとジュースを試飲することも可能です。非常に美味しいので、飲み過ぎには注意ですね。赤ワイン、白ワイン、ロゼワインなど、多種多様な種類のワインが豊富に取り揃えられています。

キャンピングカー

楽しい旅行を台無しにしない為に!より旅行を快適にする方法

体調不良は旅行の敵!

何カ月も前から宿を予約し、いよいよ旅行が始まったは良いものの体調不良になると一気に気分が萎えてしまいます。そうならない為には数日前からの体調管理が重要で、規則正しい食事や十分な睡眠時間を確保して体調を万全にします。旅行前日は気分が高揚してなかなか眠れない場合もあるかもしれませんが、部屋を暗くしたりアロマでリラックスするなどして眠気を誘います。当日は、特に標高の高い温泉地などへ行く場合は注意が必要で、どうしても酸素が薄かったり高低差による体の変調で頭痛が発生する場合があります。そうならない為には休憩しながら徐々に標高を上げたり、宿に到着したら休憩を挟んで温泉に入るなど体への配慮を忘れてはなりません。

服装や荷物は大丈夫か

夏の暑い時期に半袖で山へ旅行に行き、目的地が震えるような寒さだったということはよくあります。標高が高くなると単純に気温が下がりますし、そこに雨でも降れば更に寒くなります。平地では真夏日であっても油断は禁物ですし、冬も平地と山を同じ感覚で捉えてはいけません。これらを防ぐには、現地の天気予報やライブカメラを見るなどして情報収集するしかありません。荷物は、特に電車で向かう場合は全て自分で運ぶ必要があるので重ければ重いほど大変です。かさばる服はなるべく着回すなどして最低限の荷物に止め、お土産が入るようにスペースを空けたいです。せっかくの旅行も荷物が多すぎて両手が塞がるような状態ですと、ろくに観光もできません。

旅行ガイドブック

テレビかゲームか?旅行に行った際の宿泊先での過ごし方

テレビは有料放送に対応していることが多い

旅行でホテルや旅館に泊まる場合、部屋の中では案外暇なものです。食事をしたらほとんどやることがないという人が多いでしょう。かといって寝るには早すぎるという場合、どうやって過ごすのがいいのでしょうか。まず、部屋にはほぼ必ずテレビが設置されているので、テレビを見て過ごすという時間の使い方があります。昔はテレビの脇に硬貨の投入口があり、お金を入れないと見ることができないといったシステムになっていましたが、今は地上波であれば無料で見られることが一般的です。有料放送にも対応している場合は視聴すると、チェックアウト時に視聴料金を精算されることになります。有料放送視聴にあたっては、リモコンの特定のボタンを押さないといけないという風になっているので、見る気がない場合は間違って押さないように注意しましょう。

有名な観光地のホテルや旅館にはゲームコーナーがある

古くからある観光地のホテルや旅館の場合、ゲームコーナーが備わっていることがあります。ゲームセンターとほぼ一緒なので、ゲームに興味がある場合は行ってみるといいでしょう。ただ、基本的に置かれているゲームは一昔前のものなので、最新ゲームは遊べないことがほとんどです。テレビにもゲームにも興味がない場合はパソコンを持ち込んで、ネットサーフィンをして過ごすという方法があります。最近は無料Wi-Fiを使えるようにしているホテルや旅館が多いので、Wi-Fiに対応しているノートパソコンやダフレットを持ち込めば、お金を払うことなくネットにアクセスすることができます。ノートパソコンの場合、本体にはWi-Fiの通信機能がなく、USB端子に通信機器を接続しないといけないことがあるので旅行前に確認しておきましょう。

世界旅行博

夏休みにおすすめ!福島のおでかけスポット

太平洋の潮目がテーマ!アクアマリンふくしま

厳しい暑さから逃れて、涼しげな水族館へ行ってみてはいかがですか?室内だから、天気の心配もいりませんよね。いわき市にある「アクアマリンふくしま」は、黒潮と親潮がぶつかる「潮目」の海をテーマにした水族館なんです。なかでも目立つのは、大水槽の中にある世界で初めて採用された「三角トンネル」でしょう。黒潮と親潮の海が一つの水槽に再現されている、とても珍しい水槽なんです。黒潮の水槽にはイワシが展示されていて、小さなイワシが大群をなして泳いでいる姿は圧巻ですよ。ほかにも、さんご礁の海や福島の沖合いの海を再現した展示があり、世界中の海の生き物を間近で観察することができますよ。常設展示のほかに、バックヤードツアーや海の生き物とのふれあい施設もあるので、家族で楽しめますよね。夏休みの家族旅行にぜひおすすめのスポットです。

湖水浴やキャンプで楽しもう!夏の猪苗代湖

「猪苗代湖」は日本で三番目に大きい湖です。夏の猪苗代湖では、湖水浴やキャンプを楽しむことができます。夏といったら海水浴ですが、湖も湖水浴ができるんです。波もほとんどないので、小さな子どもでも安心して遊ぶことができますよね。遊覧船の運航もあり、磐梯山など雄大な自然を眺めることができます。水上バイクやヨットなどのマリンスポーツも楽しめるので、思いっきり遊びたい方にもおすすめです。猪苗代湖の湖畔にはキャンプ場があり、シャワールームやロッジを設置しているところもあるので、家族や友人と快適に過ごすことができます。お盆の時期には花火大会があり、毎年人気のイベントです。周辺には牧場や温泉、見学施設もたくさんあるので、一日では遊びきれない魅力的なスポットです。

余暇

一緒に行く相手と観光の盛り込みすぎは要注意

一緒に行く相手を決めるのが大切

旅行に行こうと思ったときに、誰と行くか悩んだことはありませんか。例えば、職場の同僚や友人などなど色々な人が候補に挙がりますますが、実際に、一緒に行く相手を間違えるとせっかくの旅行が台無しになってしまいます。例えば、自分はいろいろなところを観光したというような気持でいざ旅行に行ってみると、一緒に行った相手はゆっくり過ごしたいという目的の場合、朝起きる時間が遅かったり、一つの観光スッポットに時間をかけ過ぎたりと、自分が立てた予定がうまく進まず、ストレスを抱えたまま旅行を終えることになってしまいます。そうならないためにも、一緒にいく相手がどのような目的をもって旅行に行くのか、その人の性格などをしっかり考えて、一緒に行く人を決めることが大切です。

盛り込み過ぎは要注意

折角の旅行なんだから、たくさんの観光名所を回りたいと思うのは当然かもしれません。しかし、盛り込みすぎると思わぬトラブルを発生させてしまいます。例えば、京都に旅行にいったと場合など、平安神宮、金閣寺、清水寺などなど様々な観光名所がありますよね。旅行に行くとウキウキした気分でこれらを全部見たいと思うかもしれません。しかし、京都といっても広く、観光名所が一か所に集中しているわけではありません。そのため、午前中に嵐山、昼には金閣寺、夕方くらいに清水寺というような形で、移動の時間も考えてスケジュールを立てないと、実現可能性がなく、ホテルのチェックインに遅れたり、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があるため注意が必要です。

放浪

空港でワクワクドキドキ!旅の始まりと終わりを楽しもう

出発の空港も楽しんじゃいましょう

旅が始まる!というだけでワクワクがとまらない空港。旅先のことが気になりますが、空港を移動の通過点とみなさず便利に利用するともっと楽しい旅行になりますよ。そのためには自分が利用する空港のホームページをチェックしておきましょう。色々なお店のリストがあって面白いですよ。早めに空港に着いて搭乗までの間、ビール好きな人はビールを飲みながら、お酒がだめならコーヒー紅茶を楽しみながら旅先で何をしようか語らうのもいいものです。美味しいご飯屋さんがあったり、旅に便利なグッズを売っているお店もあり便利です。旅の前にマッサージチェアや足つぼ屋さんで疲れをほぐしておくのも、旅先で元気に動けていいかもしれませんね。せっかくのリフレッシュのための旅行ですから空港でも楽しんじゃいましょう。

帰ってきたときの空港でも余韻を楽しもう

旅先からもどってくるときの飛行機ってなぜか切ないですよね。また来るからねーという思いで旅先の地をあとにするかもしれません。お家最寄りの空港へ着くと現実に引き戻されそうな感じです。しかし、まだまだ旅は終わってません!お家に着くまでが旅行です。気を抜かずに最後まで旅を楽しみましょう。例えば沖縄から羽田へ帰ってきた場合、羽田空港には沖縄で有名なアイスクリーム屋さんがあります。沖縄で食べた味をもう一度楽しむなど旅の余韻を楽しめます。大きな空港には全国の美味しいものを集めたお店もあり、お土産買い忘れた人がいるときにも便利です。空弁や美味しそうなつまみを買って、帰ってからのお楽しみにしてもいいかもしれませんね。最後の最後まで旅行を楽しみましょう。

バカンス